お子様の健やかな成長

Sweetie

お子様の健やかな成長

幼児期の健康な歯の発育が、お子様の健やかな成長にとって重要です。しかし子供たちの身体はまだ成熟していないので、歯の組織も弱く虫歯が進行しやすいのです。

高梨歯科医院では、この時期からの定期検診をお勧めしています。子供の時から歯の大切さを教え、正しいブラッシングの習慣を身につけることは将来、歯を長く持たせ、歯を作っていく上で大切なことです。そして、この時期に身につけた良い習慣はきっと人生の宝物になるでしょう。

お子様が歯科治療に対して、恐怖心を抱かぬよう充分配慮し、自分から進んで治療を受けてくれるようにじっくりと治療を進めて行きます。

style_006

永久歯にも影響する幼児期の歯

実は、健全な歯を育てる為のお母さんの役割りは、乳歯が生える以前からすでに始まっています。胎生7週目くらいから、乳歯はもうできはじめているからです。そして乳歯が顔をのぞかせるころには、もう永久歯が育ち始めています。妊娠から永久歯が生えそろう12~15歳くらいまでは、特に大切な時期です。このとき、お母さんがどのように歯を守り育てるかが、お子様の将来の生活に大きな影響を与えます。そして私達は、お子様の虫歯を治療するだけではなく、おやつのこと、砂糖の害、食事の重要性、噛み方、歯の正しい手入れ方法などのアドバイスをしながら、健やかな成長を支援していきます。 みなさんで一緒に協力しながら、未来の希望・光を育てて行きましょう。