矯正治療

Orthodontics

矯正治療

わたしたちの医院では、小さなお子様からシルバー世代まで、幅広い年齢の方に高度で専門的な矯正歯科治療を受けていただくことが可能です。

お子様やご自身の歯並び、口元、噛み合せ、あごの関節について、気になることがありましたら、矯正歯科専門医にまずはご相談ください。

kyousei_001

子どもの矯正

成長を見ながら
kyousei_002

子どもの矯正歯科治療は、永久歯の生えそろった大人と違い、乳歯から永久歯に生えかわり、骨格が成長する過程にあるので、ひとりひとりのお口の中の状況や発達に合わせて行う必要があります。
そのため、効果的な治療開始の時期、必要性の有無などの判断がとても重要になるのです。

当院では矯正担当医が、成長発育のタイミングをみて治療に最も効果的な時期をアドバイスさせていただきます。
そして、今後の成長を予測しながら治療を確実に行います。

発育に応じて

子どもの矯正歯科治療は発育に応じて通常、二段階に分けておこないます。
乳歯が生えそろってから永久歯の前歯が生え変わる頃におこなう治療を「第I期治療」、すべての永久歯が生えそろってからおこなう治療を「第II期治療」といい、いつの段階で治療を始めるべきかはお子様によって個人差があります。
当院では、お子様に対していつ、なんの目的で、どのような治療をするべきか、治療目標を明確にした最も効率よくおこなえる治療方法を、お子様、そして御家族とよく話し合いながら進めるようにしています。

トレーナーシステム&マイオブレイス

一般的に永久歯が萌出する6~8歳頃、歯列不正に気づくことが多いと思いますが、多くの歯科医はすべての永久歯が萌出し、顎の発育が終了するまで治療を待つことをおすすめます。
そして、その結果ブラケット治療や小さな顎に大きな歯が萌えるスペースが足りないとの理由で抜歯の選択が増えてしまいます。しかし、それだけが矯正治療の手段ではありません。
当院ではマイオブレイスというマウスピース型の装置で用いて、「口を閉じる」、「鼻で呼吸する」、「舌を正しい位置に」という治療目標を目指します。
これにより正しい呼吸、嚥下を獲得し、そして正しい歯並びへと導き、結果として生涯に渡る強い体を身につけることを可能にします。

kyousei_003

大人の矯正

まだ遅くないです

もともと歯並びが悪いことは知っていたけど、ずっとそのまま放置していた。でも社会人になって、あるいは結婚を考えるようになって、やっぱり歯並びと口元が気になりだした、という方はとても多いです。
しかしながら、

「成人になってしまうとなかなか歯が動かなくて費用が高い」
「装置が目立つのでは?」
「矯正歯科治療は大人は治りにくい」

等の誤解を生むような情報で、一歩を踏み出せずにいませんか?
当院では、患者様一人一人の事情に合わせて治療計画を立案しています。 ご安心して一度お気軽にご相談して下さい。

kyousei_004
知っておきたいこと
kyousei_005

当院では成人矯正の場合、歯並びだけでなく顎関節も精密な検査をし、症状によっては顎関節の位置を適正なポジションに修正する「スプリント治療」をおこなった上で、矯正歯科治療に入ります。
基本的に歯は何歳になっても動きます。

学生や社会人の方はもちろん、40代、50代、さらに年齢を重ねられた方でも矯正歯科治療を始められ、美しい笑顔と歯並びを手に入れられた方々がたくさんいます。
いくつになってもすこやかで美しい笑顔は魅力的なものです。

当院では無理なく治療していたけるよう、個々の患者様のライフスタイルや歯並びの状態に合わせて矯正装置を選択しています。